やっぱり猫とファイターズPart2

生活の中心は、やっぱり猫とファイターズ!我が家の6ニャンの猫写真と北海道日本ハムファイターズの札幌ドームでの観戦写真を載せるフォトブログ。ファイターズガール追っかけは初心者で畠山茉央ちゃん推しです。よろしくお願いします。

大谷選手が日本最速163キロを魅せ完投勝利で嬉しさ100倍о(ж>▽<)y ☆

6月5日、東京ドームでの読売ジャイアンツ主催試合。

連敗阻止を託されたエース・大谷翔平選手が
投げては日本最速163キロを記録し10奪三振完投、
打っては5番打者として打点と
15試合連続ヒットの二刀流を魅せつけ、

さらに打線と守備がエースを援護し
チーム一丸となって勝利を掴んだ感動の試合
(゚ーÅ)

こんなにも感動の試合だったので
イメージ写真も張り切って探してきましたよp(^-^)q

まずはこの試合最大の見せ場だった4回裏、
大谷選手の投球と守備のビッグプレーから♪(*^ ・^)ノ⌒☆

1アウト満塁でギアをトップに入れ
クルーズ選手に投じた渾身のストレート( ・д・)/--=≡(((○

自ら持つ日本最速記録を塗り替える163キロをマーク Σ(・ω・ノ)ノ !!!

163キロを記録しながらも大谷選手は
「ファールだったので気が付かなかった」と
最速記録の更新よりも2点のリードを守り切る為
無我夢中でピンチを切り抜けることが大事だという
チームプレーの本質を魅せてくれました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

そして、クルーズ選手は痛烈なサードライナーを打ちますが
レアード選手が横っ飛びで懸命にグローブに当て
こぼれたボールを素早く本塁へ送球し本塁ホースアウト(o^-')b

本塁ホースアウト後、判断が難しい場面で
キャッチャーの大野奨太選手は素早い判断と送球で
3塁へボールを送りホースアウトのダブルプレーで
絶体絶命のピンチを0点で切り抜けました(≧▽≦)

前日、前々日から1点の重みを感じていたからこそ
1点も与えられないと頑張った必死なプレーが
功を奏したのだと僕は感じました(o^-')b

最速163キロだけが話題になりそうですが、
160キロ近くのストレートと140キロ台後半のストレートとで
同じ球種の中でも緩急をつけてタイミングをずらす
愛のバッテリーが試練を乗り越えた先に身につけた投球術
随所に見られました(*^o^)乂(^-^*)ラブラブ

次はエースを援護した中軸の活躍を載せますが、
このジャイアンツとの3連戦を終わって振り返れば
上で書いた4回裏もそうですが
満塁での攻防が勝敗を分けたとも言えますね!

3回表ノーアウト満塁から3番・田中賢介選手が
満塁からは点が入らないという鬼門を打ち破る
ライトファンス直撃の逆転2点タイムリーヒットを魅せます!!

つづく中田翔選手が四球で出塁し
またもやノーアウト満塁のチャンスを作ると
リアル二刀流の5番・大谷選手が豪快なスイングを魅せ
センターへの犠牲フライで打点を挙げ自らを援護しますヘ(゚∀゚*)ノ スゴーイ

大谷選手が好投し自ら打点を挙げているのなら
黙ってられないのが4番の中田選手です!
8回表に2ランホームランの追加点で
大谷選手の完投への後押しをします!
ネクストバッターの大谷選手
「わぁ~い♪中田さんとルンルンハイタッチだ(ノ^^)八(^^ )ノ」
中田選手「翔平、最後まで投げきってみせろ!!」

つづく8回表1アウトから6番・陽岱鋼選手も
ソロホームランで大谷選手を後押し!!

後押しを貰った大谷選手は最後までマウンドに上がり
9回2失点(自責点1)10奪三振で見事完投勝利を挙げましたv(^-^)v

ヒーローインタビューのイメージ写真は
札幌ドームでのお立ち台でビジョンに写った
カワイイ大谷選手だよ( ´艸`)カワイイ♪
「最速記録更新には気が付かなかったッス(*゚ー゚)ゞ」

悔しい1点差での惜敗が続いただけに
1点の重みと勝利の難しさを感じ、
それと大谷選手の完投も重なり勝利の喜びは
数倍にも膨れ上がりましたо(ж>▽<)y ☆ 100バイ ウレシイ♪

ファイターズをブログランキングでも盛り上げていきたい!!
1日1回のクリックが応援の力になります。
共にファイターズを盛り上げていきましょう(^O^)/

にほんブログ村

北海道日本ハムファイターズ ブログランキングへ

エキゾチック・ショートヘア ブログランキングへ

人気記事&おすすめ広告
最近の記事

拍手[47回]